こんにちは。
富山県富山市や魚津市で解体工事を専門に請負っているSKサービスです。
木造や鉄骨工場の住宅解体から、内装解体工事などを主に請負っています。
解体工事を依頼する時に「分離発注か一括発注どちらにしますか?」と解体業者から聞かれたことはありませんか?
そう何度も解体工事を依頼することはないため、あまり聞いたことない発注方法だと思います。
そこで今回は、解体工事の分離発注と一括発注の違いについてご説明します。

解体工事の発注の種類

一括発注

解体工事から内装工事まで一括で依頼することを一括発注と言います。
内装の設計や内装工事を依頼する時は、ハウスメーカーや工務店などに依頼することが多いと思います。
しかし、これらの業者は内装解体工事までは請け負っておりません。
そのため、ハウスメーカーや工務店からの紹介という形で、解体業者が解体工事を行います。
ハウスメーカーや工務店に一括依頼することで、解体工事から内装工事まで依頼できることから一括発注と呼ばれています。

分離発注

一括発注とは異なり、解体業者をお客様が自分で探し依頼することです。
住宅などの建物の解体工事に限らず、賃貸退室後のスケルトン工事などを個別に依頼することができます。

分離発注のメリット

無駄なコストを削減できる

一括発注だと解体業者を紹介する「紹介手数料」が必要となり、費用が高額になる傾向があります。
そのため、できるだけコストを抑えたいという方は、分離発注という方法で自分で探した解体業者に依頼するのがお勧めです。

業者との意思疎通がしやすい

一括発注のようにハウスメーカーや工務店を介して解体業者に希望を伝える場合、正確な希望を伝えることが難しい場合があります。
仲介者がいることで、解釈に違いにより意思疎通が難しいことがデメリットとして挙げられます。
それに比べ、解体業者と直接やり取りを行う場合、しっかりと打ち合わせを行うため、意思疎通を図れることが大きなメリットとして挙げられるでしょう。
解体工事費用は大きな金額であるため、不満を残すことなく工事を進める上では重要な項目であると言えます。

相性の良い業者を選べる

直に解体業者とやり取りできるため、接客や説明時などの気遣いなどを事前に確認できます。
また見積もりを掲示してもらい、納得のいく費用・内容で解体工事を依頼することも可能です。
このように希望の条件に合った解体業者を選べることから、施工中や後に生じそうなトラブルを事前に回避することができます。
そうすることで、無駄な費用・ストレスを受けることなく、スムーズに解体工事を進めるられるでしょう。

分離発注でスムーズな解体工事を


いかがでしたか?
一括発注と分離発注については、知っておくと得する内容が多くあります。
お客様の理想を実現できる業者に出会えるために、ぜひ参考してくださいませ。
SKサービスでも、分離発注でさまざまな解体工事を依頼可能です。
見積もり内容も事前にご提示できますので、お気軽にご相談ください。
最後までご愛読いただき、誠にありがとうございました。


SKサービス
〒937-0815 富山県魚津市大字大海寺新村2662-31
TEL:0765-22-2636
FAX:0765-24-3473
※セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする