こんにちは。
富山県富山市、魚津市で解体工事を請け負っている解体業者のSKサービスです。
主に住宅の解体工事や内装解体工事を請け負っていますが、不必要になった倉庫などの解体工事も請け負っています。
お庭に設置した倉庫が不必要になった、倉庫が古くなったので解体してしまいたいなどのお悩みをお持ちの方は、お気軽にご相談ください。
今回はそんな倉庫についての解体にお悩みの方のために、倉庫解体に必要な費用の相場をテーマにお話したいと思います。
ぜひ参考にしてくださいませ。

倉庫解体の相場とは


倉庫解体に必要な費用は、大きさや材料などによって大きく変動します。
そのため、費用の相場として言われているのが約7万~30万と幅が大きく存在します。
幅がありすぎて参考にならないという方は、倉庫の大きさで概算してみましょう。
計算方法は「倉庫の高さ+奥行+横幅の合計cm」を参考にしたものです。
これらの合計が400cm以下のものだと「約1.5万円~1.7万円」次に400~500cmのものだと「約1.7万円~2.1万円」最後に500~600cmのものだと「約2.1万円から3.0万円」が目安です。
もちろん、これ以上大きい倉庫も存在すると思います。
そのため、あくまで目安ですが、倉庫の大きさによって必要な重機や発生する産業廃棄物などの観点から、費用を算出している業者が多いでしょう。

他倉庫解体で費用に関係のある項目

倉庫の材料

倉庫がどのような材料で出来ているかで費用が大きく変動します。
その理由は、解体時に発生する産業廃棄物の量やリサイクルの有無が変わるからです。
スチールや鉄製の倉庫の場合、解体した鉄くずはリサイクルが可能です。
そのため、他材料の倉庫よりも比較的安価で工事を依頼することができます。
これに比べ、木造で出来た倉庫は多くの廃材が発生しリサイクルができないため、別途産業廃棄物処理業者の手配が必要です。
その結果、費用が高額になる傾向にあります。

倉庫のある場所

庭にある場合は、作業空間もあり作業員2人程度でスピーディーに作業できることが多いです。
しかし、屋上や隣の住宅とかなり近いスペースにある場合は、養生の設置など必要な作業が増えてしまいます。
そのため、解体にかかる時間と人手が必要となり、かかる費用が膨れ上がってしまうでしょう。
また、これらの他にも費用に関わる要因は多くあります。
どれくらいの費用がかかるのか正確に知りたいという方は、専門業者に事前に見積もりをお願いし解体工事の有無を決めましょう。

倉庫、住宅の解体は無料見積もりから


いかがでしたか?
倉庫だけでなく住宅などの解体工事の費用については、これらの項目から費用を計算しています。
そのため、正確な費用をお伝えするには現地調査などが必要な場合がほとんどです。
いち早く正確に費用をお伝えするために、お客様も立ち合いなどのご協力をお願いいたします。
弊社では正確なお見積り内容をご提示するために、無料で見積もりも行っていますので、詳しくはお問い合わせページよりご連絡くださいませ。
最後までご愛読いただき、誠にありがとうございました。


SKサービス
〒937-0815 富山県魚津市大字大海寺新村2662-31
TEL:0765-22-2636
FAX:0765-24-3473
※セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする