こんにちは!
富山県魚津市を拠点に、家屋解体を中心にさまざまな建物の解体工事を手がけているSKサービスです。
弊社は、富山県内にて皆さまの幅広いニーズにお応えできるように、顧客満足度の向上を目指して活動を続けております。
解体工事を依頼するにあたって、建物が跡形もなく取り壊されたらそれで終わり!と安心している方も多いかとは思うのですが、実は取り壊したからといってそれですべて完了というわけではありません。
今回は解体工事が終わった後に、どのようなことをやらなければならないのかという点について解説します。
解体工事をご検討中の方は、ぜひ参考にご覧ください。

建物滅失登記をお忘れなく!


解体工事を行う前にもさまざまな手続きが必要ですが、工事が完了したら建物滅失登記という手続きを行わなくてはなりません。
この手続きは不動産登記法によって、解体工事が完了してから1カ月以内に手続きを行うように定められています。
手続きを完了していないと、存在しない建物に対して固定資産税を払い続けることになるだけでなく、最大で10万円のペナルティを受けることにもなりかねませんので、必ず忘れずに行うように心がけてくださいね。

解体後の土地の清掃も必要!

解体工事における近隣の方のトラブルは、解体している最中の騒音や粉じんで起こるものだとお考えの方もいらっしゃるでしょうが、トラブルの種はほかの部分にも潜んでいます。
実は解体工事が終わった後の土地をめぐってトラブルになることも多く、原因としては解体後のゴミがそのままになっていることなどが挙げられます。
そのため解体工事が終わったら、その場所をきれいに清掃しておかなくてはなりません。
ほとんどの業者が清掃を行っているとは思いますが、解体後の土地にゴミが残されていないかどうか、ぜひ皆さまの目でも確かめてみてくださいね。

総合解体工事はSKサービスへ!


解体工事が終わった後でやるべきことについて解説いたしましたが、参考になりましたでしょうか。
初めての解体工事となれば手続きや作業の流れなど、ご不明点は多々あることかと思います。
弊社では皆さまが安心して解体工事を受けられるように、ご説明に関してもしっかりと行います。
個人さま・法人さまを問わずご依頼を承っておりますので、解体工事をご検討中の方はぜひお気軽にお問い合わせくださいね。
それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました。


SKサービス
〒937-0815 富山県魚津市大字大海寺新村2662-31
TEL:0765-22-2636
FAX:0765-24-3473
※セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする