初夏のさわやかな風が心地よい好季節となりましたね。
皆さまはいかがお過ごしでしょうか?
さて、今回は『家の解体のタイミング』をテーマに執筆してまいります。
ぜひ最後までご覧ください!

家の解体のタイミングっていつなの?

■誰も住む人がいなくなった場合
■家を建て直す場合
家の解体が必要になる状況は、大きくわけると上記の2通りです。

建物を実際に解体しようと思った際に、「解体するタイミングによって費用に影響はあるのだろうか?」というのは皆さま疑問に思われるポイントかもしれませんね。

実は、建物を解体するタイミングによって、税金の金額が変わる場合があります。
住宅用地は家主の税負担を軽減するために特例措置が設けられていますが、建物を解体してしまうとこの減税措置の対象からは外れてしまいます。
それにより、『固定資産税』に変化が生じます。

1月1日の土地の状態で固定資産額が決まるということを頭の片隅において、解体を行なう予定を組むといいかもしれませんね。

お問い合わせはお気軽にどうぞ!

「富山市にある空き家を解体してほしい」
「家屋解体の依頼を検討している」
などとお考えの方は、富山県魚津市の解体業者SKサービスにご相談ください。

皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。
最後までご覧いただきありがとうございました。


SKサービス
〒937-0815 富山県魚津市大字大海寺新村2662-31
TEL:0765-22-2636
FAX:0765-24-3473
※セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする